日本文化への理解能力を重視。生きている日本語を問題化。年に5回実施。